ロードサービス トラブル

ロードサービスのことを知っておくと便利

MENU

ロードサービスのトラブルってどんなことがあるの?

ロードサービスを利用する人を見ていくと、
いくつかの傾向があることが分かります。

 

かなり多いトラブルの1つがバッテリー上がりです。
特にバッテリー上がりは、夏場に多くなるという傾向が見られます。
これはエアコンの使用頻度と関係があるようです。

 

夏場になるとエアコンをガンガンに使う方ばかりですから、
エンジンのパワーをバッテリーで蓄えそれを動力源としているからです。

 

つまり、電力の供給量と需要量との間のバランスが崩れると、
バッテリーが上がり過ぎてしまうというメカニズムになっているのです。

 

エアコンをいつもかけるのではなく、気温の比較的低い朝や晩は、
車の窓を開けるなどして、エアコンの使用を控えるといいでしょう。

 

また、ロードサービスの出動回数のうちで多いのが「キーのとじ込み」ですね
キーのとじ込みの原因を見ていくと、うっかりミスが多いことが分かります。
考え事をしていたとか、疲れていたということを理由に挙げる人が多いからです。

 

キーとじ込み対策としては、必ずカギでドアの開け閉めをする
この習慣をつけることが推奨されていますので覚えておいてください。

 

もしくは、スペアキーを財布の中に入れておくなどして、
キーとじ込みが起きても自分で対応する癖をつけておきましょう

 

また、タイヤのトラブルもロードサービスの中では結構見られます。
特にタイヤのトラブルは、高速道路で起きることが多いようです。

 

高速道路では高速回転をしますから、その分摩耗が激しくなり、
いろいろなトラブルを起こします。あるデータによると、
高速道路は一般道路の3倍以上タイヤトラブルが起きやすいそうです。